Index

入稿について

入稿の際は、作成したアプリケーションとその材料、出力見本、出力依頼書を同封していただくようお願い致します。
出力依頼書は、ダウンロードページから入手いただけます。

入稿対応アプリケーション

Adobe

※Adobe CC は未対応です。CCで作成された場合はCS6保存をして入稿するか、もしくはPDFで入稿してください。
※PDF入稿につきましては、下のPDF入稿ガイドを参照ください。
Illustrator
Illustrator
( .ai/ .eps)
MachintoshWindows
~CS6
Illustrator
Photoshop
( .psd/ .eps/ .tiff)
MachintoshWindows
~CS6
InDesign
InDesign
( .indd)
MachintoshWindows
~CS6
Acrobat
Acrobat
( .pdf)
MachintoshWindows
7Pro/9Pro/X Pro

Microsoft

※印刷時のトラブルを防ぐため、必ず見本を添付してください。色味は印刷機に対応したCMYKカラーに変換されるため、見本の色とは異なる場合がございます。
Office Excel
Excel
( .xls/ .xlsx)
Machintosh2004/2011
Windows2003/2007/2010
Office Word
Word
( .doc/ .docx)
Machintosh2004/2011
Windows2003/2007/2010
Office Power Point
PowerPoint
( .ppt/ .pptx)
Machintosh2004/2011
Windows2003/2007/2010
Office Publisher
Publisher
( .pub)
Machintosh2004/2011
Windows2007/2010

PDF入稿について

PDF入稿の勧め

渕上印刷では、簡単で便利なPDF入稿を推奨しています。

弊社にPDFで入稿していただく際の注意点や、作成方法等をご紹介しています。便利なプリセットファイルもダウンロードできますので、ぜひご利用ください。
→PDF入稿ガイド《簡単便利なPDF入稿のすゝめ》

PDF入稿について

PDFデータの作成はとっても簡単・便利!
アプリケーションを1ファイルに!弊社のPDF変換用プリセットで書き出すだけで入稿データが完成します。 プリセットは、一度設定すると次回からは設定の必要がなくとても便利です。
→プリセットの設定方法
入稿データのトラブルを解決!!
PDF入稿は、配置した画像等のデータを同封する必要がなく、データ不足などのトラブルが軽減されます。また、埋め込みが可能なフォントはアウトラインをとる必要がなく、再編集する場合などに大変便利です。
→PDF作成方法
Q&A
Q トンボがなくても大丈夫ですか。 A トンボはなくてもかまいませんが、ドキュメントサイズは必ず、仕上がりサイズ+裁ち落とし3mm でデータを作成してください。
 折りなどの加工がある商品の場合は、トンボを含めて頂き、さらに別途指示を送付してください。

Q 1ページ毎にPDFを作成しなければいけませんか。 A 1つのPDF中に複数のページデータを含めてもかまいません。
 ただし、必ず1ページ単位(ペラ物の場合は表面、裏面、ページ物は1ページ)でデータを作成してください。
 (※無線綴じの表紙は背幅が必要ですので、本文ページとは別に見開きで作成してください。)

設定方法

PDF入稿用プリセット [Download]

入稿用PDFデータが簡単に作成できるプリセット(設定ファイル)を準備いたしましたので、ぜひご利用ください。

プリセットのインストール手順

ダウンロードしたプリセットを各アプリケーションにセットします。
ここではIllustratorを例にして説明します。
1.プリセットをダウンロード後、Illustratorを起動する
上のプリセットファイルをデスクトップ等にダウンロードしてください。
次に、お使いの Illustratorを起動します。
2.「AdobePDFプリセット」を選択
「AdobePDFプリセット」を選択Illustratorのメニューより「編集」→「AdobePDFプリセット」を選択し、プリセットの設定ウィンドウを開きます。
(バージョンがCSの場合は「PDF設定」を選択)
3.「読み込み」をクリックし、ダウンロードしたプリセットを読み込む
「AdobePDFプリセット」を選択プリセットの設定ウィンドウより「読み込み」ボタンを選択します。
「AdobePDFプリセット」を選択ダウンロードしたプリセットファイルを選択します。
(※バージョンにより表記名が異なります。)
「AdobePDFプリセット」を選択正しく読み込みができると「プリセット」の一覧に、プリセット名
「渕上用PDFX4 〇〇○」 が表示されます。
「OK」ボタンを押すと設定が完了します。
一度インストールした設定は保存されますので、ダウンロードしたプリセットは削除していただいてかまいません。
また、IllustratorでインストールすればInDesignにも反映されますので、すべてのソフトウェアでインストール作業を行う必要はありません。

PDF作成方法

PDFデータの出力手順

Illustrator

1.PDF書き出し前のデータチェック
出力前に、データが正しく作成されているかを確認します。主な注意点は以下の通りです。

①埋め込みができないフォントはアウトライン化する
埋め込みが許可されていないフォントは、文字化け等のトラブルになりますのでアウトライン化してください。

②画像を埋め込む(CS2の場合は必須)
画像の破損などのトラブルを防ぐため、可能な限り画像は埋め込んでください。
埋め込まない場合、透明効果の影響により画像が分割される恐れがあります。
2.PDFを出力する
PDFを出力するIllustratorのメニューより「ファイル」→「別名で保存」を選択し、別名で保存ウィンドウを開きます。
PDFを出力するファイルの種類を『Adobe PDF(*.PDF)』に変更し保存ボタンを選択します。
PDFを出力するAdobe PDFプリセットを予めインストールしておいたプリセットに変更しPDFを保存ボタンを選択します。
3.出力されたPDFを確認する
出力されたPDFはAcrobatなどで必ず確認してください。(データの一部が消える等、意図しない結果になる場合もあります)
Adobe Acrobat Proをお持ちの場合、プリフライト機能を利用して早く簡単にチェックすることができます。
詳細は「チェックポイント」のページをご覧ください。

PDFデータの出力手順

InDesign

1.ドキュメント作成時の注意点
InDesignのドキュメント設定は必ず仕上りサイズで作成してください。
また、裁ち落としは四辺3mmに設定してください。
InDesign設定画面例:A4サイズ、8ページ、左綴じ冊子の場合
2.PDFを出力する
InDesign設定画面:PDFプリセットInDesignの「ファイル」-「PDF書き出しプリセット」から、インストールしたプリセットを選択します。
プリセットのインストールについては「設定方法」をご覧ください。
InDesign設定画面:PDFプリセットPDFの出力先を指定すると「Adobe PDFを書き出し」ウィンドウが表示されますので、インストールしたプリセット名を指定して書き出します。
3.出力されたPDFを確認する
出力されたPDFは、データの一部が消えるなど意図しない結果になる場合がありますので、必ずAcrobatで開いて確認を行ってください。
Adobe Acrobat Proをお持ちの場合、プリフライト機能を利用して早く簡単にチェックすることができます。
詳細は、次の「チェックポイント」をご覧ください。

チェックポイント

専用プリフライトプロファイルのダウンロード

Adobe Acrobat Proのプリフライト機能を使って、基本的なチェックが可能です。
ご利用のPDFのバージョンに合ったプリセットをダウンロードして、Acrobatにインストールしてご利用下さい。
Download 【PDFX4】渕上PDFチェックPDFX4(CS3~CC)

両面印刷、冊子印刷のPDFデータについて

下の図のように、両面や冊子など複数のドキュメントがある場合は、各ドキュメントを分けてPDFを作成してください。
冊子印刷は見開きではなくページ単位でPDFを作成し、ページ順に並べてください。ドキュメント設定
ドキュメント設定:貼り付け

Illustratorにて、1つのアートボードで2ページの見開きを作成する場合は、InDesignで2ページの見開きを作成し、データをドキュメントボックスの中央に配置します。
最後に「書き出し」ボタンをクリックしてPDFを作成します。

PDF入稿前の必須チェック項目

サイズは“塗り足し領域込み”で作成されていますか?
プロパティ画面トンボを入れないドキュメントサイズでデータを作成する場合は、仕上りに塗り足し領域を入れて作成してください。 【例:A4縦(210mm×297mm)の場合】
ドキュメントサイズ:210mm×297mm
オブジェクト:216mm×303mm(塗り足し領域を四辺3mmプラス)

サイズの確認はAdobe Readerの場合、「ファイル」→「プロパティ」で文書のプロパティを開き、「概要」タブ内の「ページサイズ」で確認できます。
トンボを含めたデータで作成されている場合、サイズの確認は不要です。
フォントはすべて「埋め込み」されていますか?
プロパティ画面フォントの確認はAdobe Readerの場合、「ファイル」→「プロパティ」で文書のプロパティを開きます。「フォント」タブ内で使用したフォントの一覧が表示されますので、 各フォントに「埋め込みサブセット」と記載されているかを確認してください。
なお、フォントをすべてアウトライン化している場合は確認は不要です。
書き出したPDFは、オリジナルのデザインと同じですか?
PDFに書き出した際、様々な要因によって意図しない結果になることがあります。
必ず細部まで確認し、制作したオリジナルと同じであることを確認してください。

PDF/X-1aにおける注意事項

Illustrator、InDesign【CS2~CS4】で、縦組み文字に透明効果を適用してPDF/X-1a形式で出力すると、Acrobat9で表示した場合文字が欠ける現象があります。
この現象は、以下のいずれかの方法で回避することができます。

1. 縦組み文字を用いる場合には、透明効果を使用しない
2. 縦組み文字で透明効果が必要な場合は、文字をアウトライン化する

オーバープリント/ブラックオーバープリントについて

■オーバープリント
オーバープリントをかけた白の文字やオブジェクトは印刷時に消えてしまいますので、オーバープリントは必ず外してください。

■ブラックオーバープリント
当社では、BL100%のオブジェクトに対してRIP時にブラックオーバープリント処理を行っています。
この処理はスミ文字などに特に有効ですが、比較的面積の広いBL100%のオブジェクトを用いてデザインした場合には注意が必要です。
詳しくは「PDF入稿ガイド」の10ページ「オーバープリントとは?」をご覧ください。

ダウンロード

入稿用PDFデータプリセット

入稿用PDFデータが簡単に作成できる設定ファイルです。

専用プリフライトプロファイル

Adobe Acrobat Proのプリフライト機能を使って、基本的なチェックが可能です。
Download【PDFX4】渕上PDFチェックPDFX4(CS3~CC)

出力依頼書

プリントアウトしてデータと一緒にお送りください。
Download手書き用 Download手書き用(記入見本有り)
Illustratorでご記入の上、PDFに変換してデータと一緒にお送りください。
Downloadデータ入稿用(Illustrator CS2) Downloadデータ入稿用(Illustrator CS4) Downloadデータ入稿用(Illustrator CS6)

PDF入稿ガイド

PDF入稿について、詳しい内容を掲載しています。
PDFガイド PDF入稿ガイド(PDF5.4MB)